セフレが彼女に昇格し、更には結婚に向けて恋愛したい時、とってはいけない行動

セフレが彼女に昇格し、更には結婚に向けて恋愛したい時、とってはいけない行動について書きます。

(自分は結婚する気マンマンだが彼女の気持ちはわからない場合です。)

まず、付き合ってすぐに周りを固めようとするのはやめましょう。

女だって気持ちが重くて引くのです。

付き合いたての頃、まだこちらは結婚のけの字も考えていないのに、彼の上司や友人たちに無理やり会わされた事があります。

真剣に付き合っているアピールなのかもしれませんが、付き合いたてで紹介されると対応に困ります。

まだお互いの事もよく理解できていないのに、彼の知人にまで気を遣わないといけない状況は苦痛ですし、気持ちが重いです。

次に、彼女が作る料理に上から目線でものを言うのはやめましょう。

彼女が料理を作ってくれた時、お礼を言って感謝するのが大前提ですが、口に合わない時もあるでしょう。

そんな時に感想を求められたら、「もう少し味付けが濃くてもいいかな」「ちょっと硬いけど大丈夫」など、気を遣いながら伝えましょう。

たとえ自分の母親の料理の方が美味しかったとしても、決して比較してはいけません。

以前料理を作った時、「おふくろと同じ味付けにしてくれる?」「弁当に入れるなら彩りを考えてね」「これちゃんと下処理した?」なんて言われた事があり、それ以降二度と作ることはありませんでした。

最後に、自分のスタイルを押し付けるのはやめましょう。

人間長く生きていると、食べ方や生活リズムなど、自分好みのやり方やこだわりができてくると思います。

ですが、彼女にも同じ事を求めるのは考えものです。

自分のスタイルが彼女にも合うかどうかはわかりません。

過去に、納豆の食べ方にとてもこだわる、完全に夜型の彼と付き合った事がありました。

納豆の混ぜ方と混ぜる回数に始まり、つゆを入れるタイミングや薬味の量と順番まで決まっていました。

「これが絶対に美味しいから!」と、私が食べる時にもその作り方を強要されてストレスになり、彼の前で納豆を食べることがなくなりました。

また、夜型生活の彼は夕食の時間も遅く、私が空腹でも気にせずいつも通りの時間にしか食べようと言いませんでした。

自分のスタイルを崩さない彼に、私ばかり合わせるのが苦痛で別れました。

お互いに歩み寄るべきだと思いますし、どうしても譲れない事があったとしても、彼女に押し付けるのは間違っていると思います。

以上、こんな人とは結婚できないとお別れしてきた人についてでした。

もし貴方に当てはまる事があったら、運命の相手が離れていってしまうかもしれないので気を付けてください。

自分以外の男性と話すことを嫌がる独占欲オラオラ男は彼氏よりも浮気相手やセフレ向き

自分以外の男と話すことを嫌がる彼氏

独占欲の強い彼氏に言われた事があります。「俺以外の男とは何も話すな」と。

そんな事言われたのは初めてだったのです。付き合ったら俺のものだから、という考えをする男性は好きではありません。

俺様系男子は彼氏じゃなく浮気相手やセフレに向いてる

こういう俺様系男子は彼氏にするとロクなことがないです。幸せな恋愛が見込めず、自分が耐え忍ぶ辛い恋になってしまいます。オラオラ男は浮気相手やセフレくらいがちょうどいい。まぁ、実際に浮気相手やセフレに束縛されたら耐えられないのですが、セリフとしてそういうドSな言葉を言われるのは好きなんですよね。

彼氏以外の男性と話してはいけないなんて無理

話を戻して。彼氏以外の男性とは話してはいけないなんて、絶対に無理な事なのです。美容師さんだって、近所のコンビニの店員だって男性ですから。それなのに誰とも話してはいけないなんてできるはずがありません。

それでも「俺以外の男とは話すな」「俺だけ見ていろ」と言われても困ります。こんな事を言う男性はとても嫉妬深いです。だからはっきり言って、付き合いたくはありません。ましてや結婚なんてしたら、結婚生活が絶対にうまくいかないと思うのです。

店員の目を見たらこう言われました。「色目を使うな」全く意味が分かりません。店員とお客という立場なのに、それすらいけないのです。無茶な事を言っているのです。

だからいくら付き合っているからと言っても、そこまで強要される覚えはありません。納得いきません。嫉妬深い男性はモテません。嫉妬深い男性は、長く付き合っていけません。わかるのです。

彼氏にするならおおらかな優しい男性がいい

もっとおおらかな男性とだったら、私も長く付き合えると思います。もっと心の広くて優しい男性だったら、絶対にこんな事は言いません。
付き合っているからと言っても、彼氏だけのものではありません。そこまで強要されると、ついつい突き放してしまいそうです。

デート中だってずっと彼氏の目を気にしていないといけないのです。男性を見てはいけないので、ゆっくりできないのです。いつもしっかりしていないと行けません。ちょっとでも見てしまったら、すぐに指摘されてしまうのです。そしてお説教が始まるのです。

私は子どもではありません。言われなくてもわかるのです。でもこんな強要はわかりません。そこまで言われる事ではないと思うのです。だからこんな男性とは別れます。別れないと、私がリラックスできません。付き合っていても楽しくないのです。

セフレやワンナイトラブにはオラオラ男子が向いてる

長期間つきあう彼氏、そして結婚相手の男性は優しくてなんでも包み込んでくれる包容力のある男性に限ります。危なっかしい俺様男は遊び相手に留めておくほうが女として幸福な人生を歩めるでしょう。ワンナイトラブや定期セフレ向きですね。

福岡中洲のナンパスポットでセフレにしてお持ち帰りしようとしたけど、本気になって付きあうことに

本気になった俺のナンパ体験談[読者投稿]

福岡の都心部(中洲)なんだけど、いつも自分達がナンパするスポットがあるんだ。

この日も、いい女見つけて遊んで運が良ければ持ち帰ってー…って感じだったんだけど、その日天気が悪かったせいか人がいつも以上に少なくて、しょうがないから男だけでたまには飲み会でもすっかーってなってたら、傘を差した女三人組がこっちに歩いてきた。

傘のせいで良く顔が見えなくて、声掛けたいけど不細工だったらな…と考えていると、俺達3人の中で一番うるさいAが素早くナンパしに行ったのよ。

よくよく顔を見てみると、一人可愛い子がいるだけで後は、中の中いや下?って感じ。まあ、セフレにすればいいかな的な。

可愛い子はノリが良くて、快くOKしてくれたけど後は明らかにナンパ慣れしてない感じで困ってる様子。これは、セフレ募集してるタイプの女子では無いね。やれなさそう。

で、俺が嫌がってるから他当たろうとAに耳打ちするも、「メンドイ」と返される始末。

もう後はAに任せて、その女三人と一緒にいつもの居酒屋に行ったんだ。

手慣れた感じで飲み物をAが全員分注文し、取り合えず乾杯。

女の子はハナっから飛ばしてる感じでもう生3本目。

何でも彼氏に振られたそう、で後の二人と慰め女子会をやろうってことだったらしい。

他の2人のうち片方は明るいところで見ると、端正な顔立ちをしているC子と、意外とズバズバ物を言うD子。

で、酔ってたせいもあるけどD子のその性格のせいで、俺の何か一言が気に食わなかったのか叱られる始末。

「あー怒らせたんならごめん」と返すも、「もっと感情を外に出した方がいい!」と逆にまた叱られ正直メンドイ女だなって思ってた。

そしてどうやら、男側AとBどっちとも可愛い子狙いらしい…そりゃーね。

で、終電近い時間になった時に女側がそろそろ…と帰り出した。

俺達の制止も効かず行ったもんだから慌てて男2人が、取り合えず3人分の連絡先を聞いてたんだ。

で、俺達も解散し数日経過したころ、俺は何故かあのメンドイ女のD子のことが頭から離れなかったんだ。

気付くとAにD子の連絡先を聞いてたっけ。

そしてD子とメールし会って遊ぶまでになった。

どんくらいか経って、あー俺D子が好きなんだって自覚したころ告ってた。

D子は付き合うの初めてらしい、まー何となく分かってたけど、別に何の問題もない。

で今付き合って1年、相変わらず強い女だけど仲良くやってる。

芸人が言うカキタレの意味はセフレ?愛人?地方のカキタレ一般人がTwitterで炎上して鍵化一覧まとめ

カキタレの意味は?愛人?セフレ?

芸能人、特に芸人さんが「カキタレ」という言葉を使いますね。昔はダウンタウンの松本人志が頻繁に言ってましたが、最近はほとんど言わなくなりました。

カキタレというのは関西弁でして、愛人とかセフレとかそういう意味です。要は、本妻や本命の彼女とは別で、肉体関係のある女性という意味ですね。

ちゃんと真剣交際する相手ではないけど、会いたいときに会ってセックスして、食事するくらいの関係と言いましょうか。

芸人さんが深夜の収録終わりにカキタレ女性を呼び出して、ラブホや自宅でセックスし、朝になったらバイバイという感じですね。

カキタレとセフレの意味の違いは何?

あまり大きな違いはないのですが、どちらかというと、セフレのほうが対等な関係で、カキタレのほうが女性を下に見ている感じはあります。

ですが、基本的にそう大きな違いはありません。

古い関西弁で、「カク」が性行為をする、「タレ」が女性という意味があり、関西出身の芸人さんなどはカキタレという表現をよく使っていました。ダウンタウンなどよくカキタレ話をガキの使いやあらへんで等の番組でしていましたが、最近の若手芸人は普通にセフレと表現することが多いようです。

カキタレの反対語として、本命の彼女をマジタレということもあります。マジのタレ(女)ということですね。

優良セフレ募集掲示板でのセフレの作り方

地方にも存在するカキタレ

カキタレは地方にも存在することが多いです。

芸人さんは地方出張が多いですね。地方のショッピングモールでのネタ見せ営業だったり、地方のテレビ局での番組出演やロケ撮影だったり。

新幹線や飛行機で日帰りの場合もありますが、ホテルを予約して泊まりのパターンも多いです。

「にけつッ!!」という番組でケンコバさんが言ってましたが、芸人さんは地方仕事の場合は前乗り含めて泊まりたいことが多いようですね。

やはり、地方だと羽が伸ばせます。前泊して風俗に行ったりデリヘルを呼んだり。

あと、地方だと芸人に対してファンや共演者が優しいということもあるそうです。東京だと無視されたり笑われたりするけど、地方だと芸能人として丁重に扱ってもらえると。

そういう理由で、吉本でも松竹でもマセキでも、芸人さんは地方出張が大好きなのですが、なんと言っても地方にカキタレがいる場合は楽しいようで。

その地方に行ったときしか会わないので、煩わしさも無いし、飽きも来ない。セックスだけして気持ちよくなれるのですから、各地方にカキタレを持つのは芸人さんの勲章みたいなところがあるようですね。

まあ、芸人さんに限らずバンドマンやミュージシャンにも多いようですね。ライブで各都道府県を周りますから、各地にセフレ(カキタレ)がいるわけです。カキタレは関西弁なので、ミュージシャンの場合はセフレって呼んでることが多いかもしれませんね。V系にも多そうです。

Twitterでつぶやいて炎上するカキタレが鍵化

最近のカキタレはすぐにTwitterでつぶやきます。まあ、相手とうまく行っているときは黙っているでしょうが、別れを切りだされたときや冷たくされたときには、「●●の野郎、やるだけやってやり捨てとかふざけんな!!」という感じでつぶやくわけです。

するとすぐに拡散して炎上、トゥゲッターでまとめられたりして、鍵化しますね。

プロカキタレとプロ彼女の意味はどう違う?

プロカキタレとプロ彼女は、どちらも芸能人やスポーツ選手などの有名人男性を交際しているという点が同じで、プロカキタレはセフレ寄り、プロ彼女は彼女寄りという違いがあります。

やはり、著名人とつきあうには、ちゃんとした彼女であれ、肉体だけの関係であれ、秘密を厳守することが求められます。

特に最近は炎上や文春砲などが怖い時代。芸能人の下半身リスク管理が非常に固くなってきています。絶対に秘密を漏らさない、ネットでつぶやかないことが重要なのです。

芸能人にカキタレになるには?確実な方法はある?

「芸能人やスポーツ選手のカキタレになりたい!」と願う女性は一定数存在します。

参考:ロバート秋山竜次のカキタレになりたくて追いかけた2001年の処女

ライブや番組出演の出待ち、芸能人同行のバスツアーに参加するなど、ターゲット芸能人と接する方法はあります。

マセキの狩野英孝さんは六股や未成年女性との交際で謹慎処分を受けていますが、本人は知らずに騙されたという事実や、なんとなく憎めないキャラクターのせいか、短い謹慎期間で芸能活動再開しそうな空気があります。

極楽とんぼの山本さんのときは激しく叩かれたものですが、この違いはなんなのでしょうかね。

狩野英孝さんって、ある特定の女性には激モテするみたいです。今回の件も、女性が狩野英孝さんとなんとしてでも付き合いたくて、成人していると嘘をついたとのことで、女性の父から逆に謝罪され、「家族一同、狩野英孝さんを今後も応援し続ける」と言われたそうで。

いや〜、すごいもんですね、恐るべし狩野英孝って感じですw

アメーバピグでW不倫した男性の体験談 アラフォー広場での出会い

[読者投稿]

彼女を口説いた時の体験談の話しをします。

当時、僕は妻とは家庭内別居状態で、口もろくにきかず、もちろんHもなく、悶々とした日々を送っていました。

前の彼女(不倫)とも別れたばかりで寂しかった僕は、当時流行っていたアメーバピグを始めました。

自分のアバターを作って、そのアバターを介して他のアバターとトークができるというものです。

「アラサー広場」「アラフォー広場」など、いろいろな広場があり、そこで色々なアバターとトーク(チャット)ができるのです。

相手のアバターをクリックすると、相手の自己紹介(プロフィール)が見れます。

寂しかった僕は、毎晩、仕事が終わって夕飯を済ませると、アメーバピグにログインして、「アラフォー広場」でチャット相手を待っているのでした。

僕の方から他のアバターに話しかけることは滅多にありませんでした。

ある時、女性のアバターが「こんばんは」と話しかけてきました。

自分に話しかけられているのかわからなかったので、「僕?」と聞き返しました。

すると、僕のプロフィールを見たらしい彼女は「うん、そう。埼玉に住んでいるんですね。私も埼玉在住ですよ。」と言われました。

内心、『チャンス!』と思いました。

あわよくば、このアメーバピグで彼女を見つけたいと思っていたからです。

そこから僕の猛アタックが始まりました。

最初はやんわりと当たり障りのない会話をして、友達申請にこぎつけるところまでその日のうちにいきました。

毎晩、10時にアメーバでトークしようという約束も取り付けました。

毎晩のように彼女と話しているうちに、徐々に彼女も心を許しつつあるのを実感していきました。

二人きりで話せる部屋を作ってそこで話したりもしました。

2ヶ月くらい経った頃、思い切ってメルアドを聞き出しました。

また、スカイプでも話すようになりました。

メールは1日に20通くらいは送りました。

メールやスカイプで話していく中で、彼女も僕と同じで、旦那さんと家庭内別居状態で寂しい思いをしていることがわかりました。

しばらくして僕は、彼女に好きだと告白しました。

彼女も好きだと言ってくれました。

それからは、毎日、ラブラブなメールやスカイプをしていました。

彼女にリアルで会いたくなって我慢ができなくなり、夜勤明けなのにもかかわらず、「明日、どうしても会いたい。二人の気持ちはもう充分わかりあっているんだから、会ってもいいでしょ?」と言いました。

彼女は戸惑いながらも、了承してくれました。

翌日、夜勤明けの僕は、彼女との待ち合わせ場所に行き、彼女を車に乗せて、そのままホテルに直行しました。

彼女はかなり戸惑っていましたが、抵抗はしませんでした。

こうして僕たちは結ばれ、付き合うことになりました。

その彼女とも、付き合って丸6年、7年目の付き合いに入りました。

W不倫なので、細心の用心を怠らず、おつきあいを続けています。