セフレが彼女に昇格し、更には結婚に向けて恋愛したい時、とってはいけない行動

セフレが彼女に昇格し、更には結婚に向けて恋愛したい時、とってはいけない行動について書きます。

(自分は結婚する気マンマンだが彼女の気持ちはわからない場合です。)

まず、付き合ってすぐに周りを固めようとするのはやめましょう。

女だって気持ちが重くて引くのです。

付き合いたての頃、まだこちらは結婚のけの字も考えていないのに、彼の上司や友人たちに無理やり会わされた事があります。

真剣に付き合っているアピールなのかもしれませんが、付き合いたてで紹介されると対応に困ります。

まだお互いの事もよく理解できていないのに、彼の知人にまで気を遣わないといけない状況は苦痛ですし、気持ちが重いです。

次に、彼女が作る料理に上から目線でものを言うのはやめましょう。

彼女が料理を作ってくれた時、お礼を言って感謝するのが大前提ですが、口に合わない時もあるでしょう。

そんな時に感想を求められたら、「もう少し味付けが濃くてもいいかな」「ちょっと硬いけど大丈夫」など、気を遣いながら伝えましょう。

たとえ自分の母親の料理の方が美味しかったとしても、決して比較してはいけません。

以前料理を作った時、「おふくろと同じ味付けにしてくれる?」「弁当に入れるなら彩りを考えてね」「これちゃんと下処理した?」なんて言われた事があり、それ以降二度と作ることはありませんでした。

最後に、自分のスタイルを押し付けるのはやめましょう。

人間長く生きていると、食べ方や生活リズムなど、自分好みのやり方やこだわりができてくると思います。

ですが、彼女にも同じ事を求めるのは考えものです。

自分のスタイルが彼女にも合うかどうかはわかりません。

過去に、納豆の食べ方にとてもこだわる、完全に夜型の彼と付き合った事がありました。

納豆の混ぜ方と混ぜる回数に始まり、つゆを入れるタイミングや薬味の量と順番まで決まっていました。

「これが絶対に美味しいから!」と、私が食べる時にもその作り方を強要されてストレスになり、彼の前で納豆を食べることがなくなりました。

また、夜型生活の彼は夕食の時間も遅く、私が空腹でも気にせずいつも通りの時間にしか食べようと言いませんでした。

自分のスタイルを崩さない彼に、私ばかり合わせるのが苦痛で別れました。

お互いに歩み寄るべきだと思いますし、どうしても譲れない事があったとしても、彼女に押し付けるのは間違っていると思います。

以上、こんな人とは結婚できないとお別れしてきた人についてでした。

もし貴方に当てはまる事があったら、運命の相手が離れていってしまうかもしれないので気を付けてください。